ベストケンコーが運ぶ、ひと時の幸せ

世界各国で次々と発売開始される新薬のお値段がそこそこお高いのには理由がありました。
各国独自の法律に左右されるのは言うまでもありませんが、その原因は新薬開発にかかわる特許権に深くかかわっています。
医薬品(新薬)の開発に成功すると、どの国でもその権利を所定の機関に登録します。
特許の権利なんですが、どうやら二種類あるようです。

「お薬の成分特許」と「お薬の製法特許」の二種類なんです。
新薬の開発が成功すると、この二つの法律で特許権が認められているので、その分お値段が、跳ね上がる仕組みなのです。
そこでインドの製薬会社事情なんです。

インドの国内法ではこのお薬の特許権につき、製法特許権のみが認められています。
ということは成分特許権の付加価値が上乗せされない分、お薬のお値段が安くなるということになります。
さらにこれらの特許権の切れたお薬になると、大変安くで購入できます。
一概には表現できないのですが、後発薬であるジェネリック医薬品は、大体、新薬純正品の十分の一くらいの価格設定となっています。
例えばED治療薬なんですが、アメリカ国内で販売されているED治療薬の純正品に比べると、インドのジェネリック医薬品のED治療薬は、一錠あたりの単価が、アメリカ国内で購入する場合に比べて十分の一くらいの価格設定となっているのです。
なーんだ、それならば、インドにお出かけして、現地でED治療薬を購入すれば良いだけではないかというと、話しは多少違うんです。
海外出張が日常茶飯事の商社駐在員などは別にして、われわれ高齢者になると海外へ出かけること自体が物理的に難しくなります。
信頼できるお友達でも現地に暮らしていると、それで問題は解決するのかも知れませんが、それは限られた恵まれたケースなんです。
なんとかしてインドのリーズナブルな価格のジェネリック医薬品(ED治療薬)を自宅に居ながらにして入手することは出来ないのでしょうか。
あるんです。
そんなうまい話しが。

海外から、お薬の個人輸入をしてくれるサイトがたくさん存在します。
ネットで検索すれば、星のごとくたくさんのサイトにヒットするのですが、われわれ高齢者でも安心して使えるサイトとなれば限られます。
個人輸入されるED治療薬は、服用後効果がなければ悲しい思いをするだけなので、ここは個人輸入代行業者の選択が生命線となります。
われわれ高齢者でも安心してお任せできるのは、ずばり、ベストケンコーというサイトなんです。
ベストケンコーにしてから、ED治療薬の偽者(にせもの)で淋しい思いをすることがなくなりました。
本当の話しなんです。
今年は団塊の世代以上の世代が全員65歳以上となります。

会社にいまだ残って活躍されているのは、ほんの一握りのエリートたちだけなのです。
大多数は私と同じように、会社を無事退職して、老後の人生へと舵を切り替えているところだと推察できます。
大切なのは充実感ではないでしょうか。
ベストケンコーが送ってくれるインド製ジェネリック医薬品が、それを支えていてくれます。
ありがたいことなんです。